キッチンの2つのタイプの特徴

自炊をしている人なら毎日のように使うキッチン。キッチンが使いやすいものなら、毎日の料理も楽しくなりそうです。

キッチンのタイプは大きく分けると「対面タイプ」と「壁付けタイプ」の2つがあります。それぞれ長所が違うので、家を建てるときにはどんな長所を活かしたキッチンにしたいのか考えて選んでみてください。

●対面タイプ

対面式のキッチンとは、シンクやガスコンロなどがリビングやダイニングの方を向いて設置されているもののことです。背中側が壁になり、キッチンが独立したような空間になります。

キッチンからリビングやダイニングを見ることができるため、家族と会話しながら、テレビを見ながら料理を作ることが可能です。

家族はリビングでワイワイ楽しそうにしているのに、一人だけ黙々と料理を作ることに不満を感じた経験がありませんか。毎日の料理を任されている方は「いつも自分だけ」という思いにとらわれることもあるでしょう。

対面式のキッチンなら、作業をしているのは一人であっても、家族とつながったような雰囲気の中で料理を作ることができます。

●壁付けタイプ

壁付き式のキッチンとは、壁に向かって作業スペースが設置されているもののことです。リビングやダイニングの壁の一角に設置されることが多いです。調理作業は壁に向かって行い、背中側がリビングやダイニングになります。

壁付けタイプのキッチンは、作業スペースを広く確保することができます。そのため、家族と一緒に料理を作る、たくさんの食材を並べるといったときに便利です。

また、テレビなどは見ずに壁に向かって作業をするので、料理作りに集中できるメリットもあります。

1辺の壁に向かって設置されるI型と、2辺の壁に向かって設置されるL型の2タイプがあり、I型はコンパクト、L型は作業スペースが広々といった特徴があります。

このようにキッチンのタイプによって特徴が異なるので、どのような生活を送りたいのかによって選んでみてください。

キッチンのタイプは大きく分けると「対面タイプ」と「壁付けタイプ」の2つがあります。それぞれ長所が違うので、家を建てるときにはどんな長所を活かしたキッチンにしたいのか考えて選んでみてください。

●対面タイプ

対面式のキッチンとは、シンクやガスコンロなどがリビングやダイニングの方を向いて設置されているもののことです。背中側が壁になり、キッチンが独立したような空間になります。

キッチンからリビングやダイニングを見ることができるため、家族と会話しながら、テレビを見ながら料理を作ることが可能です。

家族はリビングでワイワイ楽しそうにしているのに、一人だけ黙々と料理を作ることに不満を感じた経験がありませんか。毎日の料理を任されている方は「いつも自分だけ」という思いにとらわれることもあるでしょう。

対面式のキッチンなら、作業をしているのは一人であっても、家族とつながったような雰囲気の中で料理を作ることができます。

●壁付けタイプ

壁付き式のキッチンとは、壁に向かって作業スペースが設置されているもののことです。リビングやダイニングの壁の一角に設置されることが多いです。調理作業は壁に向かって行い、背中側がリビングやダイニングになります。

壁付けタイプのキッチンは、作業スペースを広く確保することができます。そのため、家族と一緒に料理を作る、たくさんの食材を並べるといったときに便利です。

また、テレビなどは見ずに壁に向かって作業をするので、料理作りに集中できるメリットもあります。

1辺の壁に向かって設置されるI型と、2辺の壁に向かって設置されるL型の2タイプがあり、I型はコンパクト、L型は作業スペースが広々といった特徴があります。

このようにキッチンのタイプによって特徴が異なるので、どのような生活を送りたいのかによって選んでみてください。