家族が住むことを考えて作る一戸建て

念願のマイホームを建てることになった時には喜びましたが、いざ具体的なプランを考えてみるとあれもこれも取り入れたいと思ってしまい大変でした。取捨選択をしなければならないなと思ったのですが、まずは家族が住む空間ということを第一に考えて計画をすることにしました。最近では注文住宅で広く自由にマイホームを建てることが可能になりましたが、それでも生活空間という根幹部分をしっかりとしたものにした方が住居性が高くなると感じました。

マイホームを建てる際にはやはり家族が住むことを考えるので、人が住む際や動く際の導線をしっかり意識するようにしました。妻が家事をしやすい環境や導線がなっているかどうかという点や、子供が遊んでも安心な間取りや配置になっているかどうかなど、実際に家族が生活する際の導線を考慮すると色々見えてきました。料理をする際にはキッチンや冷蔵庫などの移動が快適かどうかという点や、リビングに持っていきやすいかなどを考えるといいと思います。料理自体はそこまで移動をしないのですが、洗濯に関してはかなり家での移動が大きくなるのでそれだけ負担が掛からないような導線を考えるといいでしょう。クローゼットや収納とベランダは近くにあるとそれだけ運ぶのが楽になるという目線は、男性の自分では中々気づけませんでした。

生活導線とは直接関係がないかもしれませんが、コンセントの位置というのも家を建てる際に気になるポイントだと言われています。最近はスマートホームやIoT家電などで色々とコンセントを使う場面も増えてきたので、用途に合わせてコンセントの数が十分がどうかを把握するのは大切でしょう。コンセントを使うとなるとその配線が移動の妨げになると、転倒事故が起きやすくなるのでこちらも気を付ける必要があります。自分の家では子供がこういった配線の関係で躓かないように計画をしましたし、高齢者などがいる家庭でもコンセントの配置には気を付けるといいと言われています。