収納場所にこだわる

家つくりで大切なことは、見た目よく暮らせる家にしたいですね。煩雑だと、せっかく新築にしたのにがっかりしています。くつろげる空間にするためには、なんといってもスッキリした家つくりをすることなのです。私の家の場合も、スッキリした感じにしたいと思っていました。スッキリした感じにするためには、どのように考えたらいいかと思った時、やっぱり重要なのは収納です。

そこでスッキリした収納にするために工夫をしたことについて、ご紹介します。

・床下収納は便利

床下はたくさんあります。その広い場所をそのままにしているのは、とてももったいないことですね。そこで、床下収納ができるとのことなのでしてもらうことにしました。床下収納にしたのは、階段下の場所です。そこは、非常用の食料などをおいているのでそこに床下収納を作り、たくさんのものを収納することにしています。目立たないところですが、とても安心しています。

・キッチン収納は大事

キッチンは、油物を扱う場所なので特に汚れが目立ってしまいます。汚れてしまうと、その掃除が大変ですね。掃除にかける時間がないので、簡単に掃除ができることを思い収納して中に収める事にしました。外に出している収納もありますが,そんなふうにするといつの間にか油でいっぱいになってしまうこともあるのです。それは避けたいので、全て収納できる扉にしました。

・収納は見えないようにする

見せる収納として、そのままリビングなどにおくこともありますがやっぱりほこりが溜まってしまったりして大変と思うことがあります。また本などは、そのままにしていると地震等の時に心配です。そのまま倒れてくることもあります。たちまち危険に晒されてしまいます。そのことを思うと見せる収納は、考えた方がいいと思うようになりました。

本もしっかり戸棚の有る収納場所に入れる事にしています。すると汚れることも少ないし、安心して取り出したりすることができます。