憧れの新築戸建て住宅の住宅ローン計画

新築の戸建て住宅は、多くの人にとって憧れでしょう。特に建売ではなく、注文住宅を建築する場合には、家族で間取り等をワイワイと話し合うのも楽しいものです。こうした楽しさから、どうしてもあれもこれもと希望が膨らみ、予算が増える傾向になるものです。

しかし、楽しさに浮かれて資金計画をなおざりにする事は禁物です。多くの方は、住宅を建てる際には30年と言った長期の住宅ローンを組むのが一般的です。

この30年と言う年月の間には、子供が成長して独立し、家族構成が変化しますし、生活パターンも変化します。さらにその先には老後がやって来ます。30年とはそれほどの歳月なのです。

上記の変化により、建築時にはベストと思っていた間取りを変えたいとか、水回り設備機器の入れ替えを含めたリフォームや、住宅の寿命を短命としない為の屋根や外壁塗装と言ったメンテナンスのリフォームも必要となります。

そんなリフォーム費用を捻出するために、余裕を持ったローンの返済計画を組む必要があるのです。特に忘れがちなのが、外壁リフォームの費用です。間取り等の変更リフォームは、我慢すれば済みますが、この屋根塗装や外壁塗装は絶対に必要となるのです。

外壁塗装等は、外観を綺麗にする目的だけではなく、細かいクラックが走ったり、塗膜が劣化して雨水をはじく機能が無くなり、雨水が侵入して住宅躯体を濡らして腐食させるのを防止するために、必ず行う必要があるのです。

分譲マンションの場合には、こうした費用は修繕積立金として、購入時より積み立てる事になりますが、戸建住宅では自分で積み立てたりして準備する必要があるのです。住宅ローンを目いっぱいの返済計画で組むと、こうした費用を積み立てる事さえできなくなってしまいます。

また40歳で30年ローンを組むと、完済は何と70歳になってしまいます。年金生活になれば、収入が大幅に減少し、返済が苦しくなる事も予測されます。それを考えれば、余裕をもって繰り上げ返済できるだけの貯蓄も考えるべきと言えます。

小さくても庭のある新築戸建て住宅は、憧れです。しかしその喜びに浮かれる事無く、30年先を見据えたローン返済計画を立てる事が大切と言えるのです。