ネット環境は重要

マイホームを設計するにあたって、躯体やデザインについては図面できちんと確認できます。もちろん、実際に構築段階から現場で確認できますからイメージがずれることもありませんし、多少手直しをしてもコストが大きく変わるものでもないと思います。

しかし、何よりも完成してみなければわからないのが、インターネットの環境です。

実際に、インターネットを引き込む契約までは問題ないと思いますが、無線LANを実際に利用しようとした際に設計では想定しづらい不感エリアが絶対に出てくるものです。

そこで、どうしても追加費用が必要になってくるのです。もちろんお風呂の中が電波が届かないと言うことであれば、増幅器を調達しても難しいかもしれません。そもそも、構造上、電波を通さない壁がある場合も致し方ありませんので。

しかしながらトイレや寝室、にかいのお部屋など様々な場所に無線LANが届かないことが非常に苦痛に感じるはずです。

増幅器を購入したり、場合によってはインターネットの回線を変更するなど様々な追加コストが発生することになります。

ですから、ぜひともお勧めしたいのはインターネット回線を考える場合、実際に入居してみて、どのような環境であるかを確認してからの方が安心だと思います。場合によっては増幅器などを活用してコストが上がってしまうのであればモバイルルーターを契約するなど別の方法を検討することもあり得ると思います。

そして、自宅のインターネット回線によって、モバイル回線の契約すべきデータ通信の上限容量が変わってくる可能性もあるからです。

ここには正解はなく、すべてご家庭によって変わってくるものだと思います。だからこそ、情報そのものは様々なところから仕入れておき、ご家庭によってインターネットの活用方法を検討しつつ、光回線を引くべきなのか、ケーブルテレビのインターネットが良いのか、はたまたWiMAXが良いのかなど可能性を広げて検討すべきだと思います。