家族で十分に話し合いたい注文住宅の購入

家づくりといえばすぐに思い浮かぶもの、それが注文住宅です。一戸建て、自分の家といえるものが作れる、それを購入し所有できるのは素晴らしいことで誇らしいことです。この注文住宅を購入するためにこれまで一生懸命に働いてきたという人たちは少なくありません。憧れのマイホームを手に入れるために、もうすぐそこというくらいまで段取りできれば、それほど嬉しいことはありません。

家づくりでは、できるだけ間取りを多くして部屋をたくさん作り、将来子供が増えたら、子供たちのためにも部屋を与えることができるようにしたいという気持ちがあるかもしれません。もちろんそれは良いことかもしれませんが、一方で部屋を多くすると、それだけ室内が窮屈になって住みにくさを感じやすい、風通しが悪くなってしまうという懸念もあります。それに子供が本当にできるかどうかはわからないかもしれません。

リビングを広くて、部屋はあまり多く作らず、家族みんながリビングで寛ぐことができるような空間を作ってみたいというプランを練る場合もあります。2階建てにするとしても、階段を玄関のすぐ近くに作るのではなく、必ずリビングを通らなければ2階には上がれないようにすることで、家族が自然に接触してコミュニケーションが図れるような空間にするということです。いずれにしても、なにに重きを置くかという点が大切で、家族で十分に話し合う必要があります。それぞれがマイホームでの願うことに違いがあるかもしれず、こだわりたい点にも違いがあるものです。何度も何時間でも話し合い、意見を出し合うことで、内観を魅力あるものにしていくことができ、結果としてそれが家族の一致や協力という気持ちを育むことにもなります。

注文住宅の業者とは、数えきれないほど話し合う必要があると思いますが、億劫がらずに細かい点まで注意深く話を聞き、遠慮せずにどんなことでも意見を言うようにしましょう。理想の家にするためには、多くの努力と時間が必要なのです。