理想の家のイメージがあるなら注文住宅!

理想の家のイメージがはっきりしている人がいるかもしれません。例えばそれは三階建ての家で、屋上にはバーベキュー用のテラスがある家かもしれません。また、平屋の屋上に、家庭菜園用の庭があるような家を理想としている方もいるでしょう。リビングがガラス張りになっていて、リビングにいながら外にいるような開放感を味わえるような家に住みたいと考えている方もいるでしょう。このような個性的な家を建てるときは、建売住宅よりも注文住宅のほうがベターです。建売住宅の中にも個性的な家がないわけではありませんが、その数はとても少ないためです。ホームメーカーとしては建て終わって販売したものの、売れ残ってしまうようなリスクの高い家を作るわけにはいかないためです。個性的な家は1人の人の心には強く刺さりますが、9人の人からすれば、住みにくい家になる可能性があるためです。それならば、注文住宅で家を建てようと思った場合でも、注文住宅を選びにくい理由があるかもしれません。その理由の一つが、「建築に関する知識がまるでない」という理由です。しかし、設計師や工務店のスタッフとコミュニケーションを取り、イメージを共有することができれば、建築に関する知識がなくても理想の家を建てることができます。例えば、インターネットを検索して、理想の家に近い家を探し、その写真を設計者や工務店のスタッフさんに見せることで、イメージを共有することができます。屋上に家庭菜園用の庭がある家を探して写真を見せたり、イラストに描いて設計者や工務店のスタッフの方々に見せることで、どんな家を作りたのか、かなり正確に伝えることができるでしょう。また「セミオーダー方式」という、誰にでも注文住宅で家を作りやすい方式でも家づくりができます。セミオーダー方式でもこだわりを生かした家を作ることは可能です。注文住宅で家を作ることに敷居の高さを感じている人は、意外とそうではないということを知ってほしいと思います。